東京都江戸東京博物館 *東京150年記念 「看板建築展」 展示品説明文 江戸東京たてもの園 2018

海老原商店 千代田区神田須田町二丁目 1928年(昭和3)

海老原家は、茨木健取手の出身で、1887年(明治20)頃に上京し、古着屋を開業した。震災後、既製品の洋服を扱うようになり、さらにその後は背広などの服地であるラシャを扱うようになった。 ファザードをデザインしたのは、施主の知り合いであった画家の黒沢武之輔。前面をタイル張りとし、2階窓下に白漆喰による海老原商店の文字看板でアクセントを加えている。屋上のパラペットは銅板で作られ、帽子をかぶっているような印象を与えている。

この文献を参照している記事

神田須田町(海老原商店)昭和初期につくらた看板建築。