交通新聞社: *散歩の達人 No.179 (交通新聞社,2011)

P.23-P.24
創業文化2年 明神下神田川本店(うなぎ)
空間もさることながら、神田さんが一番大事なものとして守るのが代々受け継ぐタレ。なんと江戸幕府の賄い方だった初代が、万世橋の際で開いた時から受け継がれるものだ。戦時中はロウの封をした瓶詰にし、人間よりも先に疎開させた。

P.30
岡昌裏地ボタン店(昭和3年築)
明治30年創業の老舗は、初代が「岡昌夫」だから「岡昌」。この辺りは、江戸時代から続く生地問屋街。当店も古洋服店を営んでいたが、戦後商売を転向した。