: *荷風!vol.23 (日本文芸社,2010.1)

P.30
看板建築は、関東大震災以後、急速に広がった商業建築で、防災を考慮して木造家屋の正面を銅板やタイル、モルタルなどで仕上げたもの。多くは2階屋で、3階部分に腰折れ屋根(マンサード)の屋根裏部屋をもtものが多かったが、これは木造3階建ての禁令をクリアするための抜け穴的構造だったらしい。柳原通りには、海老原商店をはじめ数軒の看板建築が残っている20年ほど前までは神田界隈には非常に多くの、それも奇想天外な意匠の物件がみられた。