上村敏彦: *東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)

P.179
昭和2年の「全国芸妓同盟会総員名簿」によると、大木戸芸妓組合事務所は旧永住町36番地。(現ホテルニュー長良川辺り)にあり、置屋は32軒あった。
この花街は、荒木町花街と新宿の遊廓やカフェー街に挟まれた格好で、隠れ家的な遊び場として知られていた。
戦前のの昭和15年当時の様子をたどってみると、新宿シネマ(現野村不動産新宿ビル・四谷4-28)の裏(北側)に料理屋「自慢荘」があり、この裏に待合「住吉」「みなと」「富田家」が並んでいた。東には、崖沿いに「和楽」「清月」など待合が7,8軒ズラリと軒を連ねていた。
P.180
現在も営業を続けているのは、「多満川」のみで、他はマンションや駐車場になってしまっている。「多満川」から北へ行った突き当りにあるマンション「新宿御苑」は、1階部分は料亭の名残を感じさせる建物で、石塀に囲まれている。