花街の創設
芝居茶屋が出現するど同時に草分け芸者として生まれ、翌年(明治3年)頃に二十三、四人の芸者が集まる花街となった。
花街沿革
明治三十三年頃は、芸者見番は旅籠町三丁目九番地にあって、芸者屋は二十九軒であります。