新人物往来社: *江戸史跡事典 上巻 (新人物往来社,2007)千代田区・中央区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・北区

P.95
(日本橋箱崎町10-7)
万治2年(1659)12月のことだったという。かつて吉原の三浦屋で評判だった才色兼備の遊女、高尾大夫が、三股中洲(日本橋中洲)近くの川上で殺害されたという。高尾は仙台藩主の伊達綱宗の寵愛を受け、吉原から身請けさらたものの、意中の人物への思いを捨てず、綱宗になびかなかった。これに怒った綱宗は船中で高尾を吊るし切りにし、遺棄したという。
高尾の身の上を哀れんだ町人たちが、社を建て、その霊を祭ったと伝えられ、これが高尾神社の縁起と伝えられる。