岡本哲志: 銀座を歩く (学芸出版社,2009)江戸とモダンの歴史体験

P.40 130年以上も前の煉瓦街建設でできた、最も銀座らしい路地空間が銀座七丁目にいまだ健在である。この路地は、銀座通りに平行して、ブロックのなかを短冊状に割られた敷地を串刺す長さ百mを超える煉瓦街建設のときにつくられたI型路地である。 P.41 長いI型路地を進む。朱色に塗られビルの壁が見えてくる。豊岩稲荷である。この稲荷は古くから水商売の人たちの信仰が厚い。この路地は、銀座通りや裏通りに面する通用口として機能し続けてきた。