江渡武多朗:*十和田市流通業界今昔物語(皆さんの新聞社,1976)附・十和田市流通業界のぞきみて歩きの記

 戦後間もない頃、浜田恵美子女史が、京都、大阪の美人ホステスを動員して産馬通りに「民謡酒場」を開業したのが当たって、昭和38年、東三番街に進出。 …read more

 大正初期以降、戦時中を除き昭和三十年代中期まで、紅灯と提灯を表看板として、お座敷中心の日本料理に、芸者、弦歌、日本民族舞踊の三大サービス要素をふんだんに盛り込んで、一心亭、東洋軒、双葉、忍亭、竹千代、等、花柳街の老舗が繁栄した。 …read more

料亭方面を探訪すると、代表的なものに、一心亭(産馬通り)、忍亭(五丁目東裏)があった。 …read more

むつ小川原産業活性化センター:むつ小川原ガイド(むつ小川原産業活性化センター,)馬と歩む奥州路 ···外部リンク···

馬市と産馬通り
 馬産の町として知られていた十和田市(当時は三本木町)に、陸軍省軍馬育成所が設置されたのは明治17年(1884)。その後、軍馬補充部三本木支部と改称され、数万頭の軍馬を育成する全国一の規模を誇った。 …read more

地理調査所:三本木 応急修正版 (五万分一地形圖 ; 八戸 13號)(地理調査所,1954)

理念寺の西側、北園小学校の東側に、「新地」の記載。

日刊東北社:写真集「なつかしの三本木」 のしおり(日刊東北社,1977)

P.10
◎料亭一心亭 今は裏手にあるが当時本通り現東映付近にあった一心亭。
◎島田楼 元新地通り現西十一番町にあった。

東交出版社:最新青森市住宅明細図(東交出版社,1966)

青森市常盤町町会:常盤町発展史(青森市常盤町町会,1986)町会創立六十周年記念

中園裕:青森・東津軽今昔写真帖 : 保存版(郷土出版社,2010)

朝日新聞社:朝日新聞.西部版(朝日新聞社,2015.8.2)染めた看護服 太平洋戦争下、国内医療の現実

佐世保市史編さん委員会:佐世保事典(佐世保市,2002)

平岡昭利:地図でみる佐世保(芸文堂,1997)

吉田容子:都市地理学vol.10(日本都市地理学会,2015)P.61-P.76 敗戦後長崎県佐世保市の歓楽街形成史-遊興空間をめぐる各主体の関係性に着目して

浅川武:佐世保地理詳解図 昭和29年度(佐世保地理研究社,1954)

P.21

山口日都志:女性哀史 佐世保遊里考(芸文堂,2017)

P.160-P.163
早岐と相浦が佐世保の副都心であり、早岐は商業と鉄道の街として重要な役割を果たし、 …read more

P.48
軍港設置と殆ど時を同じくしてできた木風遊廓は、小佐世保に移転してからいよいよ繫昌し、日露戦争頃には妓楼の数三〇余り、娼妓また四百人を数えた。 …read more

ゼンリン:佐世保市(北部)(ゼンリン,2004)

P.68 小芦家(旧遊廓)の記載。

ゼンリン:佐世保市北部(ゼンリン,1971)

P.127-P.128
旅館「入舟」、旅館「楽楽」の記載。

タウンニュース社:タウンニュース南区版(タウンニュース社,2015/11/19)井土ヶ谷上町第一町内会館 市歴史的建造物に登録 芸妓稽古場の雰囲気残す ···外部リンク···

井土ヶ谷上町第一町内会(佐々木哲夫会長)が所有する町内会館=井土ヶ谷上町35の23=がこのほど、横浜市の歴史的建造物に登録された。 …read more

経済地図社:南区明細地図 横浜市 1957年度版(経済地図社,1957)横浜市経済地図

P.68
貸席ゆたか、住吉寮、貸席千代乃、料亭町田家、などの記載。

葛城峻:*横浜花街史稿(葛城峻,2013)制作のための準備資料集

蒔田見番、料亭「万二菊」、料亭「平作」、料亭「光楽」、料亭「富久本」、等の記載。

蒔田
この地区最大の料亭「平作」は戦後も長期間営業していた。現在営業中の「松島」は永真遊廓の妓楼「松島」が疎開したものである。

呑竜仲店協同組合:呑竜仲店 ホームページ(呑竜仲店協同組合,)呑竜仲店とは ···外部リンク···

呑竜仲店とは1947年(昭和22年)に市の戦後復興計画に基づき大蓮寺墓地跡に復員者が生計をたてる事を主目的に建設され、通称「呑龍マーケット」として親しまれました。 …read more

池田浩明:愛しのインチキガチャガチャ大全(双葉社,2013)コスモスのすべて

飛騨市教育委員会:神岡町史.通史編(飛騨市教育委員会,2008)

飛騨市教育委員会:神岡町史.写真編(飛騨市教育委員会,2010)

P.150
船津の町は、神岡鉱山近くに立地し、また吉城群北部の中心地として商業が栄えた。商店が軒を連ね、飲食店・料亭。旅館なども多かった。
森田楼(花園)の写真。

東京交通社:*大日本職業別明細図.第200號.岐阜縣(東京交通社,1927)

森田楼、深山楼、花乃屋、等の記載。

・芸妓置屋 文の家、芸妓置屋 喜久乃家 の記載
・料理屋と思われる、古金家、山口家、玉本屋、八幡屋 の記載

国本昭二:サカロジー(時鐘舎,2007)

川上光彦:地図情報 27(4) (通号 104)(地図情報センター,2008.2)金沢市ひがし茶屋街

順化の町の昔といま編集委員会:順化の町の昔といま(うらがまちづくり順化地区委員会,1997)P.18-P.19

加藤政洋:*現代風俗2002 20世紀の遺跡(河出書房新社,2002)消えゆく花街の景観、廓建築の痕跡

P.46
井波の花街「堀道」(現在の表記は「堀通」)は、ちょうど参道の裏通りに位置している。 …read more

草の根サークル:いなみ地名の由来と伝説(井波町教育委員会,1996)

若狭おばま観光協会:若狭おばま観光協会公式サイト 蓬嶋楼(若狭おばま観光協会,) ···外部リンク···

伝統的な町並みが残る小浜西組地区において、蓬嶋楼は、明治期に建てられた料亭で、当時の面影を現在も色濃く残している建物です。

善隣出版社:鯖江市・朝日町・今立町(善隣出版社,1971)

P.2
鯖江市柳町2-3に、「三楽」の記載あり。

鯖江むかしむかし編集委員会:*鯖江むかしむかし(惜陰小学校,2002)P.196-P.205

昔の人は、お酒の席を楽しくするために、上等なお酒に料理、そして歌や踊りでお客をもてましました。 …read more

P.119
弁天橋、市橋楼、弁天座、泉屋支店、開進楼、などの記載あり。

P.202-P.205
弁天湯
弁天通り(柳町から横越への道)の中程を北へ曲がると、弁天遊廓があり、そのつき当りに通称弁天湯、または田んぼの湯と呼ばれた銭湯がありました。 …read more

P.200
昔から人の集まる所やにぎやかな所には、必ず遊女が集まって来たそうです。こうしてどこへでも現れる遊女は風紀上よくないから、一定の地域に制限するよう、幕府が制度を作りました。そこで鯖江の殿様は、弁天様に近い所へ遊廓を作りました。 …read more

三輪信一:鯖江今昔(鯖江今昔刊行会,1981)

坂田玉子:福井新聞 3月22日(福井新聞,1997.3.22)旧町名は語る大野編8-旧神明町の盛衰(下)

坂田玉子:写真集明治大正昭和大野(国書刊行会,1979)

館林市史編さん委員会:*館林の民俗世界(館林市,2012)館林市史 特別編 第5巻

P.62
図1-5
昭和初期の肴町にあった商店
置屋、料理店、カフェ、寿司屋の記載。
…read more

P.60
花街の様子
館林の花街の歴史をひもとくと、明治初期に邑楽織物同業組合が出来たころから、料理・旅籠屋が開店するようになったという(群馬県料理店連合会誌)。 …read more

紫桃正隆:大河の四季 : 石巻地方の史談と遺聞(宝文堂出版販売,1984)石巻の玄関口、蛇田町盛衰記

東京交通社:大日本職業別明細図 宮城県(大正14年発行)(東京交通社,1925)

石巻町
「旭町」「遊廓」の記載あり。
(遊廓の南側は運河が流れており、橋がかかっている。)

徳田秋声:*縮図(岩波書店,1971)

I町では、みんながおおぜい迎えに来ていた。 …read more

P.184
話がはずんでいるところへ、今日も罐詰屋の野良息子が顔を出し、ちょっとふてぶてしくも見える青年が、壁ぎわの畳敷きにあぐらを組んで葉巻をふかしているのを見て、戸口に躊躇した。 …read more

橋本晶:写真集明治大正昭和石巻(国書刊行会,1980)P.126

「縮図」のおもかげ
写真の説明:
仲町(中央二丁目)の「中大黒」の抱妓銀子と近郷の豪農の長男倉持との逢引きの場「アルプス温泉」(門脇町二丁目)の跡には庭石一個、門柱一本のみ。中大黒の玄関と待合「千登里」は昔のままである。

東京交通社:大日本職業別明細図第358号 宮城県(東京交通社,1934)

中瀬の西に、春潮楼、満壽田、滝川、八幡家、鳥文、ことぶき、ひよし、亀泉、の料亭の記載あり。

河北新報出版センター:*忘れかけの街・仙台(河北新報出版センター,2005)

P.36
藩政時代は、藩士の屋敷町。それば明治維新後に花柳界の街に変わった。今も面影は残るが、昭和四十年ごろは最盛期。粋をこらした料亭や、芸者置屋が並び、夜の時間がくると見番からのお呼び出しで「お茶屋」に急ぐあでやかな姿が道に色香をそえた。 …read more

ゼンリン:原町市・相馬市・小高町・鹿島町 1971(ゼンリン,1971)

P.23-P.24
栄華楼、会津そば屋、小柳屋などの記載。

南相馬市教育委員会博物館市史編さん係:*原町市史.第11巻(特別編4)旧町村史(南相馬市,2008)

栄華楼、会津そば屋、小柳屋などの記載。

P.149
明治元年(1686)の戊辰戦争で、領内に新政府軍が多数入ってきたことにより「遊女」が求められ、小高・浪江・鹿島へ置くように命令された。 …read more

小松和彦:秋田県の遊廓跡を歩く(カストリ出版,2016)P.120-P.155

P.120-P.155
洋館の妓楼「昭和館」など、扇田の遊里についての取材レポート。

大館市:大館市ホームページ:扇田市日(大館市,) ···外部リンク···

300年以上の歴史を持つとされ、長年にわたって地域の台所を支えてきた市日で、約45年前からJR花輪線の扇田駅近くで開かれています。 …read more

アートNPOゼロダテ:正札NO!解体(アートNPOゼロダテ,) ···外部リンク···

2001年、大館のシンボルであった百貨店「正札竹村」が倒産しました。 …read more

安来港誌改訂編集委員会:安来港誌(安来港誌改訂編集委員会,2009)百年前の港町安来の町誌

安来市誌編さん委員会:安来市誌(安来市,1970)

長谷川泉:長谷川泉著作選.3鴎外「ヰタ・セクスアリス」考(明治書院,1991)

津和野の自然と歴史を守る会:つわぶき57号(津和野の自然と歴史を守る会,2013.3) ···外部リンク···

P.10
松の家(水野氏の経営の料亭でよしのやの裏にあり芸者が沢山いた。現在の合銀駐車場のところに路地があって、そこから万町も万町からも入れた。当時の万町は、色町でもあった。)