松本清張: 文豪 (文芸春秋新社,1974)

P.44-P.45 逍遥がおセンさんといっしょになったのは二十八歳の秋、それからそろそろ初期鬱憂現象の神経衰…

 美濃加茂市: 美濃加茂市史 通史編 (美濃加茂市,1980)

P.852 太田は、中山道の宿場であった関係から、江戸時代より旅籠が約20軒を数えたというが、明治になって…

岐阜シティ・タワー43は、JR岐阜駅から西に徒歩3分の場所にある地上43階、地下1階の超高層再開発ビルです…

 善隣出版社: 関市・美濃市 (善隣出版社,1971)

 市原三三: ふるさと美濃市明治大正よもやま話 (市原三三,1981)

P.149-P.152 大正年代から昭和初期にかけては、美濃町花街が最も盛んだった時代で、料亭も多くあり、芸妓…

俵町の円通寺南には、「八幡屋」が営まれている。明治30 年代に建てられた料理旅館として朝日…

花街界隈 大正時代に入ると、小倉公園は桜の名所 として県内で名が高くなり、多くの花見客 が集うように…

 十和田市観光協会: 十和田市観光情報 アーツトワダ ウェブ (十和田市観光協会,)とうてつ駅そば リンク

十和田にはかつて十和田観光電鉄という鉄道路線があり、十和田駅という駅も存在しました。この…

 太素顕彰会: 十和田(旧三本木)開拓の秘話 (太素顕彰会,1986)

P.32 「一心亭」は、新潟の方の人で、舟で料理か何かの商売をしていたと言いますが、三本木に来て、その…

 日興出版: 十和田市住宅地図 (日興出版,1977)

P.27 産馬通り。東三番街。

 江渡武多朗: *十和田市流通業界今昔物語 (皆さんの新聞社,1976)附・十和田市流通業界のぞきみて歩きの記

 戦後間もない頃、浜田恵美子女史が、京都、大阪の美人ホステスを動員して産馬通りに「民謡酒場」を開業…

 大正初期以降、戦時中を除き昭和三十年代中期まで、紅灯と提灯を表看板として、お座敷中心の日本料理に…

料亭方面を探訪すると、代表的なものに、一心亭(産馬通り)、忍亭(五丁目東裏)があった。共…

 むつ小川原産業活性化センター: むつ小川原ガイド (むつ小川原産業活性化センター,)馬と歩む奥州路 リンク

馬市と産馬通り  馬産の町として知られていた十和田市(当時は三本木町)に、陸軍省軍馬育成所が設置さ…

理念寺の西側、北園小学校の東側に、「新地」の記載。

 日刊東北社: 写真集「なつかしの三本木」 のしおり (日刊東北社,1977)

P.10 ◎料亭一心亭 今は裏手にあるが当時本通り現東映付近にあった一心亭。 ◎島田楼 元新地通り現西十…

 東交出版社: 最新青森市住宅明細図 (東交出版社,1966)

P.59 宝来町。旅館が密集している一画。旅館吉福、旅館第二吉福、旅館第三吉福、みやぎ荘(み…

 青森市常盤町町会: 常盤町発展史 (青森市常盤町町会,1986)町会創立六十周年記念

P.15-P.17 旭町一帯の発展のきっかけとなったのは、明治43年の青森大火である。当時堤川端柳原にあった遊…

 中園裕: 青森・東津軽今昔写真帖 : 保存版 (郷土出版社,2010)

P.32 明治43年の大火で柳原(現・港町)にあった遊廓は全焼、その後、旭町に復活する。戦後、…

 朝日新聞社: 朝日新聞.西部版 (朝日新聞社,2015.8.2)染めた看護服 太平洋戦争下、国内医療の現実

P.4 終戦の1年ほど前。武雄の女郎屋さんを全部、海軍が借り上げて病舎にしていましたですね。私の病舎は…

 佐世保市史編さん委員会: 佐世保事典 (佐世保市,2002)

花園遊廓 明治時代後期の佐世保には、遊廓といえば小佐世保(勝富)だけであった。一方、宮田町や太田町…

 平岡昭利: 地図でみる佐世保 (芸文堂,1997)

P.72 「花園町の図」に、松月楼、開明楼、本家高砂楼など楼名の記載。 写真72 佐世保の遊…

 吉田容子: 都市地理学vol.10 (日本都市地理学会,2015)敗戦後長崎県佐世保市の歓楽街形成史-遊興空間をめぐる各主体の関係性に着目して

P.70 1954年の2月~3月頃、貸席はどこに存在していたのか。住宅地図で「〇〇ハウス」とある標…

 佐世保地理研究社: 佐世保地理詳解図 昭和29年度 (佐世保地理研究社,1954)

P.21

 山口日都志: 女性哀史 佐世保遊里考 (芸文堂,2017)

P.160-P.163 早岐と相浦が佐世保の副都心であり、早岐は商業と鉄道の街として重要な役割を果たし、 P.106 寛…

 東京交通社: 大日本職業別明細図 宮城県(大正14年発行) (東京交通社,1925)

石巻町 「旭町」「遊廓」の記載あり。 (遊廓の南側は運河が流れており、橋がかかっている。)

 東京交通社: 大日本職業別明細図第358号 宮城県 (東京交通社,1934)

中瀬の西に、春潮楼、満壽田、滝川、八幡家、鳥文、ことぶき、ひよし、亀泉、の料亭の記載あり。

 南相馬市教育委員会博物館市史編さん係: *原町市史.第11巻(特別編4)旧町村史 (南相馬市,2008)

栄華楼、会津そば屋、小柳屋などの記載。

P.149 明治元年(1686)の戊辰戦争で、領内に新政府軍が多数入ってきたことにより「遊女」が求められ、小…

 小松和彦: 秋田県の遊廓跡を歩く (カストリ出版,2016)P.120-P.155

P.120-P.155 洋館の妓楼「昭和館」など、扇田の遊里についての取材レポート。

300年以上の歴史を持つとされ、長年にわたって地域の台所を支えてきた市日で、約45年前からJR花輪…

P.169-P.170 津和野踊りに見られる覆面の装束は、敵をいつわるための方略であったが、その形をうけて、夏…

 越野弘之: 昭和レトロ自販機大百科 (洋泉社,2015)

P.69 近くには、キャンプ場やゴルフコースなどもある県道79号線沿い。JR成田線滑河駅からも1キロ以内…

P.87 種類にこだわりレトルトカレー 広い店内には、コクランオリジナルパネルのめん類自販機二台と、全…

 大津町史刊行委員会: *出雲市大津町史 (大津町史刊行委員会,1993)P.872,「明治・大正の町通りの家並図」

森福検番、中央検番、江角検番、柿田検番、の記載あり。

P.872-P.873 明治以来、大津の商工業は急速に発達した。古老に尋ね、各戸の生業状況を復元してみた。