全国 > 長崎県 > 長崎市 長崎丸山 1船大工町の小路 2「三島屋」の建物 3「福地桜痴生誕の地」の碑 4よこはま 5キャバレー跡 6シバヤンジ通り 7ツル茶ん 8トルコライスの店 9中の茶屋稲荷社 10丸山町の楼閣 11公衆トイレの路地 12出島 13古い建物 14「小便禁ず」の貼り紙 15山頭温泉 16思案橋の小路 17思案橋横丁 18思案橋 19柳小路通り 20崇福寺駅 21白ポスト 22花街跡の碑 23見返り柳、思切橋 24遊廓時代の石塀 25銅座市場前の川 26銅座市場跡 27銅座市場
すべてのジャンル > 歴史・社会・都市 > 歴史 外交・社交

長崎丸山(出島)丸山遊女のみが出入り。女中部屋。

出島は、鎖国時代、西洋に開かれた唯一の窓口として、日本の近代化に大きな役割を果たしました。1
出島の表門には、「傾城(けいせい)之外女入事」(遊女以外の女性は、出島に出入りしてはならない。)と書かれた立札があり、厳重な警備がしかれ、出入りできる者はごくごく限られていました。つまり、女性としては丸山遊女のみが、日常的に外国人と接することができたわけです。丸山遊女の存在により、西洋の近代文明は、いちはやく市中に広まり、同時に、日本という国の具体的な姿が遠い西洋に紹介されました。
2

カピタン部屋は、オランダ商館長(カピタン)の事務所や住居として使用された出島で最も大きな建物です。1
1809年に渡来したカピタンのブロムホフは、遊女「糸萩」を出島に呼び入れ、糸萩は、1812年に女児を出産しました。
2

カピタン部屋には、女中部屋が再現されています。

女中部屋は、遊女たちが使用する部屋でした。

【参考文献】
*1 長崎さるく:「出島」パンフレット
*2 白石広子:長崎出島の遊女(勉誠出版,2005)P.5,P.20,P.52,P.93

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です