木更津市観光協会 木更津市観光情報 リンク

木更津市の歴史 リンク

木更津の地名の起こりは、日本最古の歴史書「古事記」(7世紀頃)に登場する武勇にすぐれながら悲劇的な生涯を送った英雄「日本武尊伝説」に由来するものです。

日本武尊が、日本平定の戦いの途中、東京湾を上総へ渡ろうとしたとき、海が大荒れに荒れ船が転覆しそうになりました。

その時、武尊の后、弟橘媛(おとたちばなひめ)が海神の怒りを鎮めようとわが身を海に沈め無事上総に上陸することが出来ました。

日本武尊は愛する弟橘媛の運命を悲しみ、しばらくこの地を去らなかったといいます。

「君不去」=きみさらず=きさらづと呼ぶようになったといわれています。

この文献を参照している記事

木更津(吾妻神社)きみさらず伝説。石塔に楼名。