続調布の里ものがたり編集委員会 調布の里ものがたり女たちの明治・大正・昭和 : 研究レポート・資料・聞き書き 続 調布市生活文化部女性課 2000.11

布田五宿から仲町特飲街へ

P.73
甲州街道筋では、内藤新宿、高井戸、府中、八王子が飯盛女を置いていた。布田五宿は、飯盛旅籠はなかったが、1865(慶応元)年10月、「飯盛女許可願」を提出し、願い出ている。同年、幕府は長州征伐を行ない、布田五宿にも軍用金5000両の献上を要求してきていた。五宿にとっては、その負担が非常に困難であるので、飯盛り旅籠の設置を願い出ることにしたと許可願で述べている。さらに飯盛旅籠が認められれば、7000両の冥加金を上納することを申し出ている。この許可願がどのように吟味されたかは不明だが、1866年 7月以前には布田五宿に飯盛旅籠が許可された。

P.75
1872年、つまり「娼妓解放令」が出された年には、上石原宿で六軒の貸座敷業者が営業を営んでいた。それが、1875年には17件を数え、さらに1877年には21軒に増加している。しかしその後は衰退していったようで、明治の終わり頃には7軒、大正時代は5,6軒となり、昭和に入ると3軒のみとなった。これは他の遊廓と比較して大きい方ではない。当時、東京にはいくつかの遊廓があったが、調布は府中と並んで最も小さい遊廓という位置にあった。

この文献を参照している記事

調布(敷石碑)常性寺。明治11年、布田貸座敷の全盛期。