全国 > 東京都 > 調布市 国領町1丁目

調布(敷石碑)常性寺。明治11年、布田貸座敷の全盛期。

布田駅近く。旧甲州街道沿いにある常性寺。

境内の西側手前の隅に、「敷石碑」が建っています。
これは、五宿の貸座敷業の主人が、明治11年、境内の敷石を寄付した記念碑です。※1

「五宿貸座敷」。

五宿貸座敷の主人20名の名が刻まれています。*1

1865年、幕府は長州征伐を行ない、布田五宿に対し、軍用金5000両の献上を要求しましたが、五宿は、飯盛り旅籠の設置の許可を願い出、飯盛旅籠が認められれば、7000両の冥加金を上納することを申し出ました。その結果、1866年 7月以前には布田五宿に飯盛旅籠が許可されました。その後、貸座敷業者は、1875年には17件を数え、さらに1877年には21軒に増加しましたが、その後は衰退しました。※2

この「敷石碑」は、布田の貸座敷が全盛期のものといえます。

参考文献

*1 今井金吾 今昔三道中独案内新装版 JTB出版事業局 2004
国領より下布田へ

P.265
国領二丁目から一丁目に入ると、右手に常性寺がある。境内隅には敷石…

*2 続調布の里ものがたり編集委員会 調布の里ものがたり女たちの明治・大正・昭和 : 研究レポート・資料・聞き書き 続 調布市生活文化部女性課 2000.11
布田五宿から仲町特飲街へ

P.73
甲州街道筋では、内藤新宿、高井戸、府中、八王子が飯盛女を置いていた…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。