中川時次郎 黄庵什宝抄 第3集改訂 鶴巻温泉光鶴園 1964

今昔民族研究所は、一名を性風俗博物館とも称し、全日本博物館協会中唯一の特色ある研究所である。(中略)光鶴園内の独立母屋を有効に活用したいと協議の結果、昭和28年8月、研究所として発足、資料を分類して陳列したもので、原始宗教の信仰対象である和合神仏をはじめ、世の風俗資料並に文献の大半を網羅し、保存と補充をした。後には興行化した類似のものも出現したが、 当所はそれらよりも古い存在であるばかりでなく、特殊な研究家には紹介者のある限り公開するが、好奇心や未成年者、酔後の方々にはお断りしている。本館の収集品は約3000点に及ぶも公開するものはその一部である。

この文献を参照している記事

鶴巻温泉(石燈籠)旅館「光鶴園」が建立。博物館「黄庵」。