神岡(森田楼別館跡)その後は迎賓館

神岡の船津町一帯は、明治から昭和にかけて、鉱山に支えられた花街として大勢の人々で賑い、料亭や遊廓などが軒を連ねていました。写真の神和荘は、元々は料亭「森田楼別館」の建物で、その後、当時の三井金属鉱業が購入し、迎賓館として使用されていました。現在は市に譲渡され、市民が習い事や宴会などを催す憩いの場所として利用されています(案内板より)。

当時の写真(案内板より)。

建物の西側の庭園。

2階部分には、庭園を望む窓。

カテゴリ

花街·花街跡 神岡

この記事を参照している用語集

神岡

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。