-全国 東京都 > 調布市 布田2丁目 1仲町通り
すべてのジャンル > 遊興 > 遊廓・赤線 赤線建物 2赤線跡 3第一京浜裏手の路地 4親不知通り 5赤線時代の建物 6路地裏に残る赤線跡 7千住柳町赤線跡 8マスミ 9京町二丁目と角町の間の通り 10伏見通り 11坂井旅館 12旅館 13旅館「白菊」跡 14旧「金よし」 15浅草ホテル跡 16赤線跡 17赤線跡 18浜町旅館街 19旧丸健跡 20旧丸健跡 21商店街裏の路地 22旧「大賀」 23旧赤線建物 24赤線跡 25旧赤線街 26船橋新地跡 27赤線跡 28仲町通り 29商店街の路地に残る廃屋 30茶色の円柱の建物 31赤線跡 32赤線跡 33赤線跡 34鳩の街の赤線建築 35旧桜井旅館

調布(仲町通り)かつての赤線があったあたり。

調布の売春業は、布田五宿(国領宿、下布田宿、上布田宿、下石原宿、上石原宿)と呼ばれる宿場町の飯盛旅籠として江戸時代に始まり、その後、貸座敷業として発展し、明治時代に21軒の妓楼を数えました。その後衰退しましたが、敗戦後、調布特飲街(仲町特飲街)として勢いを盛り返しました。*1
現在の仲町通りは、スナックなどの飲食店と住宅地が混在する通りです

町並みは新しく、赤線時代を連想させる建物は残っていません。

赤線街の中心部である交差点には、現在はホテルが建っています。

漫画家つげ義春の「退屈な部屋」という作品に登場する「丸窓の家」は、このあたりにありました。*2*1 聞き書き集編集委員会: 調布の里ものがたり(調布市生活文化部女性課,1999)P.71-P.86
*2 木村聡:赤線跡を歩く(自由国民社,1998)P.46-P.47

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です