生田原(カフェー跡)お食事の店

大正3年、生田原に鉄道が開通すると、翌4年には200戸におよぶ集散地市街が形成され、加えて第一次世界大戦の勃発は、空前の好景気をもたらし、上生田原市街では北区を「料理屋街」と称し、料理店や飲食店が軒をつらね、芸妓や酌婦48名をかぞえたそうです。*1

昭和29年発行の「生田原市街地図」*2※1 に記載のあった「カフェー日輪」は、地元の方の話によると、写真の「お食事の店」に改築され、現在は休業中とのことです。

お食事の店。

上生田原市街は大正9年の大火災や大戦景気の反動不況により、一時商店街しましたが、昭和初期にかけて、鉱山が操業し、再び活況を取り戻しました。鉱山が商店をうるおわせたことと符合するものに、サービス業、特に料理飲食店の繁昌がありました。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 生田原

この記事を参照している用語

生田原

参考文献

*1 生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)
P.524 鉄道開通と林業の勃興 大正3年、鉄道が開通すると、物資の需給は増大の一途をたどり、翌4年には…
*2 生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)
「カフェー日輪」の記載。 (現在の遠軽町生田原418)

参考記事

この記事を参照している記事

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。