全国 東京都 > 足立区 北千住 1物干竿の風景 2トタン建築 3毎日通りのレトロ電柱 4三階建て家屋 5千住本氷川神社 6商業ビルの通路 7梅の湯 8毎日通り飲食店街 9牛乳配給所 10江戸前「双子鮨」 11中川屋本店 12芸者新道 13遊廓跡地の電柱標識 14金の湯 15金蔵寺の遊女の供養塔 16駅前の商業ビル 17駅前の路地 18元宿堤稲荷神社 19お化け煙突跡 20タカラ湯 21千住柳町赤線跡 22大門商店街 23大黒湯
すべてのジャンル > 歴史・社会・都市 > 歴史 地誌

北千住(遊廓跡地の電柱標識)「廓」「廊」「くるわ」。

かつて千住遊廓があった千住柳町。写真の通りの両脇が遊廓地でした。*1
現在は遊廓時代の面影はありません。

唯一の名残とも言える電柱標識。「廓支」と書かれています。

さて、問題の電柱標識はここからです。古いタイプの標識を見ると「廊支」。これまで幾度となく見てきた※1 廊下の「廊」です。正しい「廓」の表記は、上の写真の1本のみで、他の電柱のほとんどがこの「廊」でした。

1本だけあった、いらがなの「くるわ支」。平仮名表記の廓(くるわ)は、初めて見る事例です。

参考文献

*1 五十嵐典彦 「千住柳町」調査報告書(二) 足立区教育委員会 足立史談 第50号 1972.4
千住遊廓の建物配置図 ・大正8年新開地当時 ・大正12年震災直後

参考記事

※1 清水(清水新地遊廓跡地)「廊」と書かれたプレート2011-11-17
※2 大垣(旭遊廓跡地)電柱に「廊」2012-03-27
※3 唐津(西遊廓跡地)廊内2014-01-06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です