川崎南町(赤線跡)彫りぬかれた屋号

料亭だったと思われる家。

 

お茶漬け屋のある緑色の壁。

 

緑色の壁は路地の奥まで続いています。

 

赤線跡を歩く*1 に掲載されていた彫りぬかれた屋号の家紋。家紋の部分は消失しています。

【参考文献】
*1 木村聡:赤線跡を歩く(自由国民社,1998)P.61

カテゴリ

赤線·私娼跡 川崎南町

この記事を参照している用語

川崎南町

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。