全国 > 愛知県 > 名古屋市中村区 駅西中村名駅 則武2丁目 1椿神社
すべてのジャンル > 歴史・社会 > 歴史 地誌

駅西(椿神社)古くから椿の森として親しまれてきました。

駅西のビックカメラの脇の通りを行くと、「椿神社前」の交差点があります。この交差点をまっすぐ行くと「駅西銀座」です。

交差点の角には、「椿神社」があります。

駅裏が都市計画の俎上(そじょう)に上がったのは、昭和34年のことでした。もはや駅裏ではなく、新しい駅西が出現しました。*1

駅西のカナメとなって鎮座する椿神明社は、古くから椿の森として親しまれてきましたが、椿の群生は今はありません。境内のわずかな椿の花が、駅西のさまざまな幻想を盛り上げてくれます。*1

【参考文献】
*1 大野一英:名古屋ケチケチ繁盛記(講談社,1977)P.268-P.271

タクソノミー(分類)

地誌 則武2丁目

関連記事(「歴史」「名古屋市中村区」)

駅西(椿神社)古くから椿の森として親しまれてきました。

コメントよろしくお願いします。