全国 > 兵庫県 > 戸ノ内

戸ノ内(遊女塚)平安時代における日本遊里

尼崎市バスの「遊女塚」停留所。

江口(大阪市東淀川区)、神崎(尼崎市)は、平安時代における日本遊里の代名詞でした。大江匡房は「遊女記」を表して著して神埼の遊女のことを述べています。*1
バス停から100m南の関西ペイント(株)尼崎工場の正門前の梅ケ枝公園の片隅に、史跡「遊女塚」があります。

遊女塚の中央には、遊女の供養碑があります。この碑は、鎌倉時代の建永2年(1207年)、法然上人の説話を聞いて自分の身を恥じた5人の遊女が神埼川に身を投げ自殺し、その供養のために建てられたものです。碑の裏面には、5人の遊女の名(吾妻、宮城、刈藻、小倉、大仁)が刻まれています。*2

摂津名所図会に描かれた神埼川。
神崎は、中国街道に通じ、水上交通の拠点として大いに栄えました。*3

【参考文献】
*1 滝川政次郎:遊行女婦・遊女・傀儡女(至文堂,1965)P.3-P.5
*2 「遊女塚」の案内板より
*3 松村博:大阪の橋(松籟社,1987)p.293

タクソノミー(分類)

戸ノ内

「戸ノ内(遊女塚)平安時代における日本遊里」への1件の返信

平安時代、朝庭文化ばかりが華やかに伝えられます
が、当時「子供遺棄」は絶え間なく「普通一般に通る
道へ捨てられたいた」ことは日常茶飯事。
で以て「犬に食われたケース」もしばしば_と。

平安時代、女性一人で「子供を育てられる環境や条件
になかったことは確か」です。
また「餓鬼の絵巻がある」よぅに、あれが市民の極く
普通の生活であった_と当方の私見です。

一般生活市民の生活がが対象となって描かれる時代で
はありません。
朝庭お抱えの絵師が「太鼓持ちで、主君の都合よき図
を描き、勢力へ加勢していた」のですから。

さて幕府に抱えられた「ドイツの地質学者ナウマン」
は幕府の規約をすり抜けて「竹取物語=独自のオペラ」
を創作し、自分の国へ持ち帰り公演までしています。

その脚本が「ナウマンの日本の地質学の研究」論文末
尾へ載っていました。
一般的にはなかなか目に届かぬ「大変分厚い学術書」
です。

この脚本を読んでいると「平安時代には竹取職」といぅ
ものがあり、神社の竹林には「ハーフがよく捨てられた
事情」を読み取れます。

かの、貧乏住まいの翁夫婦が「一人の嬰児へ金品を惜し
まず、貴族や帝に気に入られる姫にまでに育て上げる」
といぅことは尋常ではありません。

▶︎竹取の翁は、現代の『一種のタニマチ』です。

営利を目的に「スポンサーとなって成長させ』見返り
として『税金を払わぬ稼業の超富豪』へ売買していた
といぅことが察せられる「創作オペラ」でした。

ナウマンは地質調査のため、日本全国をフィールワーク
してまわり、一般市民一人一人に聞き取りをもしていま
す。自ずと【観えてきた来た日本の事実】があったこと
でしょぅね。

飛鳥奈良平安時代は、いろいろな諸国から入国〜交流も
交易も自由であった為、【江戸時代出島の遊女屋形】は
ほぅぼぅにあったことでしょぅ。

家康が公立の【屋形:大奥】を運営していたのですから
もちろん【民営化の私設大奥:置屋】は市井に溢れてい
たことでしょぅ。
ゴロゴロと嬰児も遺棄されていたことでしょぅ。

単に、「芸者と置屋」が、日本の芸能:伝統と収めてし
まうのは危険です。
なぜならペリーもナウマンもシーボルトもグラバーも
その組織戦争屋も、
▶︎【日本の大奥及び天皇の斎宮制を奴隷国家】と位置
付けていたのですから。
そして何人もの遊女に、子供を孕ませて、
▶︎日本情報を入手していたのですから。

▶︎第二次世界大戦では、1942年に米海軍心理戦戦略
に【それが、標的=日本の弱点】としてきちんと書き込
まれていたのですから。

あ・ほぅーでしょ日本!

コメントよろしくお願いします。