一身田(一身田遊廓跡)水茶屋だった建物

寺内町一身田には、伝統的な携帯を保持している民家が割合多く存在しています。

こちらの建物は、明治の初め頃、水茶屋として建築されて営業していたものを明治25年にうなぎ屋に改造したもので、現在は住居として使われています。*1

こちらの建物も元水茶屋で、(写真の奥にもう1軒の小型の家があって、2軒合わせて1棟になっています。

古い建物が連なっています。

【参考文献】
*1 津市教育委員会:一身田寺内町 町並み調査報告書(津市教育委員会,1989)P.86-P.87,P.102-P.104

ジャンル・市区町村

遊廓·遊里 一身田

この記事を参照している用語

水茶屋 一身田

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。