-全国 > 東京都 > 台東区 吉原 1金美館通り 2せんわ通り 3花吉原名残碑 4愛護地蔵尊 5吉原今昔図 6ソープ街の中のアパート 7マスミ 8坂井旅館 9赤線跡 10一葉泉 11廿世紀浴場 12吉原の飲食店 13旧「金よし」 14京町二丁目と角町の間の通り 15一葉桜まつり 16鷲神社の裏手の通り 17吉原弁財天 18吉原弁財天の弁天池 19観音様 20旅館 21伏見通り 22吉原弁財天 23大鷲神社の酉の市 24大門 25吉原神社 26簡易宿泊所 27貼紙が多数貼られた路地 28赤線跡 29大文字楼跡地 30桜鍋料理の専門店「中江」 31浄閑寺の永井荷風の詩碑 32土手通り 33トルコ風呂跡地 34おはぐろとぶ跡 35鶴の湯 36吉原弁財天 37おはぐろどぶ跡 38旅館「白菊」跡 39「土手」の屋号 40土手の伊勢屋 41太田ハム 42カツ専門店「日の出」 43おはぐろどぶ跡 44浅草ホテル跡 45あしたのジョー像 46小便禁止看板 47万治高尾の墓
すべてのジャンル > 生活 > 信仰 弁財天信仰

吉原(吉原弁財天)大門のレプリカ。福地桜痴の詩の復刻。

吉原弁財天へ立ち寄りました。入口には大門のレプリカが立っています。

右の石柱に「春夢正濃満街桜雲(しゅんむまさにこまやかなりまんがいのおううん)」、これは仲之町通りに一夜で植えられた数千本の見事な桜樹を描写しています。*1

左の石柱には「秋信先通両行灯影(しゅうしんまさにつうずりょうこうのとうえい)」とあり、享保11年(1726年)の春に急逝した、角町中万字屋(なかまんじや)の玉菊という花魁の追善供養のための盆灯篭が連なるさまを詠んでいます。*1 この燈篭は、俗に「玉菊燈篭」と呼ばれ、吉原の年中行事とされ、仲之町の桜、俄(にわか)とともに、吉原三大景容のひとつと数えられました。*2

石柱に彫られている詩は、これら「吉原三大景物」の一つづつを詠み込んだ福地桜痴の詩の復刻です。*1

*1 岡崎柾男:江戸東京伝説散歩(青蛙房,2005)P.143
*2 西山松之助:遊女(東京堂出版,1994)P.187

コメントよろしくお願いします。