渡鹿野島(的矢)県道船に乗れず残念。

今回は渡鹿野島*1 (三重県)の町並みと風俗を散歩します。渡鹿野島の散歩は、前回(2005年9月)に引き続き、今回で2回目の散歩です。
渡鹿野島へのアプローチは、近鉄線鵜方駅からバスで行き、船で渡るのが一般的ですが、今回は、島の北側にあたる的矢(まとや)から県道船で島へわたろうと思います。
まず、近鉄線志摩磯部駅から、バスに乗り、的矢のバス停に降り立ちました。

的矢はカキの産地です。周辺は、志摩スペイン村などの観光地となっています。

バス停前の渡船場から、県道船乗って渡鹿野へ渡ろうと思いましたが、下調べが不十分でした。バスの運転手さんに聞いてみたところ、「今日は県道船は来ない」とのことでしたので、志摩磯部駅へ戻ることとします。

志摩磯部駅から3駅の鵜方駅に着いた頃には、日が暮れかかった時間になっていました。写真は、鵜方駅の駅前ロータリーのバス停で見かけた落書きです。

*1 三重県南勢志摩県民局:伊勢志摩きらり千選「渡鹿野島

ジャンル・市区町村

街道·街路の町 渡鹿野島

この記事を参照している用語

渡鹿野島

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。