この地が花街として発展したのは、寛政年間からであって、各所に散在していたのがいつの頃よりか、今日のような繁昌を見るに至ったのである。
もっとも、この近くには、深川、向島棟の花街が江戸時代からあり、殊に深川江戸町随一と称せられていたくらいであったが、水野越前守の大改革によって、それは何れも深川から各地に逃げのび、この地にきて芸妓渡世をしたものが少なくなかった。それがこの地に花街を形成させたそもそもの始めで、天満宮に参詣する幾多の人士を相手にするようになってから、急激な発展を示したのである。