上村敏彦: *東京花街・粋な街 (街と暮らし社,2008)

P.36
銀座の明治5年の大火は、金春付近にあった芸妓置屋も焼き尽くした。そこで、芸妓屋や芸妓は、一部を残して汐留川より南の烏森方面に引っ越した。煉瓦街が完成すると烏森から旧地に戻る者もあり、新橋は烏森の南地と汐留川北地の煉瓦地に、二つの花街が誕生したのである。
P.37
烏森神社の写真
烏森神社と参道の飲食店(平成13年頃)。現在、左側は整備され、飲食店はない。