layer:element
すべてのジャンル > 生活 > 生活空間 住宅・長屋

四ツ谷(新宿歴史博物館)文化住宅、新宿の赤線街の展示。

JR四ツ谷駅から徒歩10分の場所にある新宿歴史博物館。

館内に入り、まず目を引くのが、「内藤新宿」の模型です。

新宿の赤線街を再現した展示。

文化住宅を再現した展示。大正の末から昭和の初めにかけて流行したサラリーマン住宅で、小規模な和風住宅の玄関脇に、洋風の応接間がついていました(案内板より)。

荻窪(西郊ロッヂング)モダンなデザインの丸窓。

荻窪駅の南東方向にある「西郊ロッヂング(せいこうロッヂング)」。歴史的建造物です。モルタルの外壁の部分に右から書かれた「西郊ロッヂング」の文字が印象的です。

奥の建物は、和風の旅館になっています。

モダンなデザインの丸窓。

国の登録有形文化財に登録されています。

横須賀(ドブ板通りの裏通り)タイルのアパート。

ドブ板通りの裏通りの銭湯の大黒湯の隣に洒落たアパートがあります。

入口の階段の側面の壁はタイル絵で装飾されています。

右側にもタイルの絵。

階段の踊り場にあった「OFF LIMITS JAPANESE ONLY」の張り紙。

鳩の街(四軒長屋)2階に物干し台。キラキラ橘商店街の近く。

キラキラ橘商店街から、西側へ路地を入ったところ。

昔からあると思われる長屋の建物が、健在です。

一階の入口。

2階には物干し台。

鳩の街(京島三丁目)長屋が集中しています。

今回は、鳩の街(東京都墨田区)の町並みを散歩します。
京島三丁目付近は、長屋の建物が多く残っているエリアです。その中でも特に長大長屋群が十軒橋通りの北側にあります。

青色のトタンの長屋。

長屋と長屋の間の路地。

製造業を営んでいるお宅。

洲崎(アパート)看板に旧地名が残っています。

洲崎の東側(東陽一丁目)に古いアパートが残っています。

アパートの看板に、旧地名である「洲崎弁天町」の表示が残されています。文字のデザインもレトロです。*1

南開橋近くの民家。

古い住宅地図が残されています。昭和の時代のものと思われますが、現在と比べるとバーやスナック、銭湯などが多かったようです。

【参考文献】
*1 舟橋左斗子、山口スネ夫:散歩の達人(弘済出版社,1996.11)P.27「旧赤線の今を歩く」

東向島(古いアパート群)ラーメンの屋台。白鬚神社の隣。

白鬚神社の隣に、古いモルタルアパート群があります。

アパートは数棟が群れのように並んでいます。

ラーメンの屋台が置いてあります。

入口が階段になっているアパート。

安浦(旧カフェー街の通り)赤紫色の装飾が施された建物。

旧カフェー街の通りに面して、赤紫色の装飾が施された建物があります。

看板を取り付けるための金具があります。店の屋号か何が掲げられていたのでしょうか。

側面の装飾。

玄関付近。

吉原(ソープ街の中のアパート)「ヴィナス」の裏手。円形のデザイン。

今回は、吉原(東京都台東区)の町並みを散歩します。
吉原のソープランド街には、ソープランドの建物以外に、住民のアパートと思われる建物が混在しています。
京町一丁目のソープランド「ヴィナス」の裏手にあるアパート。「ヴィナス」の建物(写真右側の白い建物)にピッタリとくっついて建っています。

「ヴィナス」の裏手の奥まったところにあるピンク色のアパート。

円形のデザインが特徴です。

変わった形のバルコニーのアパート。

この記事を参照している記事

長野(吉原の三浦屋奉納の燈籠)善光寺