全国 神奈川県 > 横浜市中区 伊勢佐木町 1アール形状の庇を持つ建物 2イセブラ小路 3スナック街 4中華一番 5交差点にあるお宅 6伊勢佐木町ブルースの歌碑 7古本屋 8国際クラブ「三千里」跡 9レトロな支柱 10路地裏に残る赤線跡 11末吉町 12根岸家跡地 13横浜日劇 14目的不明のタイルの柱 15第一京浜裏手の路地 16緑のタイルのアパート 17赤線時代の建物 18親不知通り 19阪東橋付近 20黒い円柱の建物 21黄金劇場
すべてのジャンル > 娯楽・レジャー > 外食 中華

伊勢佐木町(中華一番)名物のサンマー麺を味わいました。

今回は、曙町(神奈川県横浜市)の町並みと風俗を散歩します。
赤線跡研究家の木村聡さんは、年に何回か横浜に行くことがあり、「夕方からは、だいたい曙町の『一番』という国道16号線に面した中華料理屋に入り、食事をしながらビール。これが一応のコースとなっている。」と述べています。*1

364日24時間営業です。

窓からは、ヘルス店が見えます。

「一番セット」を注文。この店の名物であるサンマー麺(ミニ)と、ニラレバ炒め、シュウマイ、温泉卵、おしんこ、デザートのセットです。これだけのボリュームで800円です。
ビールは割安感のある大瓶の瓶ビールを注文。

【参考文献】
*1 木村聡:消えた赤線放浪記(ミリオン出版,2005)P.132-P.133

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です