全国 栃木県 > 福居 1国道沿いのラブホテル 2旧八木宿 3梁田宿 4福居遊廓跡地

福居(旧八木宿)八木節のルーツ

昔、合計八本の松があったことから八木と呼ばれ、文化・文政(1804-29年)の頃は旅籠屋総数95軒のうち32軒が飯盛女を置く繫昌の宿でした。*1

民謡の八木節は、八木宿の遊女の口説き節が原型となったと言われています。*2

都市化が進む旧八木宿ですが、昔の面影が残されている建物もあります。

中華料理屋だった建物。

【参考文献】
*1 今井金吾:今昔三道中独案内 新装版(JTB出版事業局,2004)P.166
【参考URL】
*2 富塚町八木節保存会:八木節の由来について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です