全国 長崎県 > 長崎市 長崎丸山 1長崎港 2船大工町の小路 3「三島屋」の建物 4「福地桜痴生誕の地」の碑 5よこはま 6キャバレー跡 7シバヤンジ通り 8ツル茶ん 9トルコライスの店 10中の茶屋稲荷社 11丸山町の楼閣 12公衆トイレの路地 13出島 14古い建物 15「小便禁ず」の貼り紙 16山頭温泉 17思案橋の小路 18思案橋横丁 19思案橋 20柳小路通り 21崇福寺駅 22白ポスト 23花街跡の碑 24見返り柳、思切橋 25遊廓時代の石塀 26銅座市場前の川 27銅座市場跡 28銅座市場
すべてのジャンル > 生活 > 信仰 伝承

長崎丸山(見返り柳、思切橋)花街入口のシンボルです。

今回は、長崎丸山(長崎県長崎市)の町並みと風俗を散歩します。
見返り柳は、花街からの帰り道、男たちが未練を断ち切れず、振り返る姿から名付けられました。見返り柳は、京都島原の花街入口にある柳がはじまりと言われ、その後、江戸の吉原や長崎丸山に伝わり、いつしか花街入口のシンボルとなりました。*1

見返り柳と思切橋の案内板。

橋銘が刻まれた思切橋の欄干。
思切橋は、山の口を流れていた小さな溝にかかる橋でした。思案橋で行こうか戻ろうかを思案し、ここで思い切って花街へ繰り出す。あるいは、花街からの帰り道、思いを断ち切って家路を急ぐなどど言われるようになり、いつしか思切橋と名付けられました。*1

江戸時代、丸山は現在の丸山町と寄合町の総称でした。長崎人はシンプルに「山」と呼んでいたため、これが丸山の入口を山の口という所以でもあります。*1

【参考文献】
*1 長崎文献社:長崎丸山に花街風流うたかたの夢を追う(長崎文献社,2007)「長崎游学マップ3」P.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です