全国 長崎県 > 長崎市 長崎丸山 1長崎港 2船大工町の小路 3「三島屋」の建物 4「福地桜痴生誕の地」の碑 5よこはま 6キャバレー跡 7シバヤンジ通り 8ツル茶ん 9トルコライスの店 10中の茶屋稲荷社 11丸山町の楼閣 12公衆トイレの路地 13出島 14古い建物 15「小便禁ず」の貼り紙 16山頭温泉 17思案橋の小路 18思案橋横丁 19思案橋 20柳小路通り 21崇福寺駅 22白ポスト 23花街跡の碑 24見返り柳、思切橋 25遊廓時代の石塀 26銅座市場前の川 27銅座市場跡 28銅座市場
すべてのジャンル > 遊興 > 花街・カフェー 花街関連碑

長崎丸山(花街跡の碑)日本三大遊廓の一つでした。

丸山町の東側。料亭杉本家跡(現・料亭青柳)の近くに、長崎丸山花街跡の碑があります。

丸山は、寛永19年(1642)年、幕府の命により、長崎奉行所が長崎市内に散在していた遊女屋を1ヶ所に集め、公認の遊廓をつくったことにはじまります。

丸山は、江戸の吉原、京の島原と並ぶ日本三大遊廓の一つでした。

丸山とは、丸山町と寄合町をあわせた花街の総称です。L字型の町域でした。現在の丸山公園のあたりがL字の角の部分にあたり、ここから丸山町は東に向かって、寄合町は南に向かって傾斜を持って形成されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です