全国 長崎県 > 長崎市 長崎丸山 1長崎港 2船大工町の小路 3「三島屋」の建物 4「福地桜痴生誕の地」の碑 5よこはま 6キャバレー跡 7シバヤンジ通り 8ツル茶ん 9トルコライスの店 10中の茶屋稲荷社 11丸山町の楼閣 12公衆トイレの路地 13出島 14古い建物 15「小便禁ず」の貼り紙 16山頭温泉 17思案橋の小路 18思案橋横丁 19思案橋 20柳小路通り 21崇福寺駅 22白ポスト 23花街跡の碑 24見返り柳、思切橋 25遊廓時代の石塀 26銅座市場前の川 27銅座市場跡 28銅座市場
すべてのジャンル > 歴史・社会・都市 > 歴史 地誌

長崎丸山(思案橋)行こうか戻ろうか。円山・旧花街へ通じる石段。

今回は長崎(長崎県長崎市)の町並みと風俗を散歩します。
長崎の観光名所「思案橋」は、丸山・旧花街の入口にあります。橋の欄干を型どったモニュメントが交差点の周りに設置されています。このモニュメントは市電の線路と平行になっているので、いかにも電車が「思案橋」をわたっているように見えるのですが、ほんとうは川と平行に電車が走っていて橋はこれとほぼ直角にかかっていました。*1

思案橋があった位置は、思案橋商店街の入口前(写真奥)の西寄りの端です。*1

思案橋があった場所から西に100mほど行くと、円山・旧花街へ通じる石段があります。

石段の登り口に思案橋の由来を説明したプレートがあります。
「長崎名勝図会」によれば、ここに橋がかかったのは1592年(文禄元年)で、そのときの名前は川口橋でした。その後、1642年に遊女屋がいまの丸山にうつってきて、色男たちが「行こうか戻ろうか」と思案するので、いつしか思案橋と呼ばれるようになりました。*1

昭和43年、キャバレー十二番舘千属バンドだった高橋勝とコロラティーノの「思案橋ブルース」がミリオンセラーとなり、追って青江三奈が歌う「長崎ブルース」が大ヒットし、昭和40年代は空前の長崎歌ブ-ムでした。*2
【参考文献】
*1 布袋厚:復元!江戸時代の長崎(長崎文献社,2009)P.114-P.115
*2 長崎文献社:長崎丸山に花街風流うたかたの夢を追う(長崎文献社,2007)P.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です