新人物往来社 江戸史跡事典 下巻 谷根千地区・文京区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・葛飾区・江戸川区 2007

高尾太夫墓

P.114 (春慶院 東浅草2-14-1) 高尾太夫とは、江戸時代、新吉原京町一丁目三浦屋の名妓につけられた名である。11人ほどが名乗ったことが判明しているが、高尾という名は、吉原の最高級遊女の代名詞的存在でもあった。 最も名高いのが二代目高尾、世に万治高尾、仙台高尾と呼ばれた女性である。仙台藩を巡るお家騒動「伊達騒動」が芝居化されて上演、そのなかで、藩主伊達綱宗とのロマンスで有名になった。

おいてけ堀・本所七不思議

P.133
この堀はよく魚が釣れたところだったが、夕方になって釣り人が帰ろうとすると、堀の中から「おいてけ」「おいてけ」という声がする。そのまま帰ると、途中で釣った魚がなくなっていた。それで「おいて堀」と呼ばれた。「魚と伝説」(新潮社)の著者末広恭雄教授によると、これはなまずの親戚でギバチという魚のことはないかといい、矢田挿雲(そううん)「江戸から東京へ」は「声の主は狸」(第五巻)として狸の恩返しで仇討ち話に作られている。