全国 愛知県 > 名古屋市中村区 名駅南2丁目 1堀川の自然を守るガチョウ 名駅南1丁目 2堀川沿いのホテル街 中村 名駅 駅西 大宮町3丁目 3名古屋花壇跡 名楽町1丁目 4中村映劇 5大門小路 太閤通5丁目 6大門横丁 賑町 7お食事処「善ちゃん」 道下町4丁目 8寿湯 寿町 9「福春」跡 10昔遊廓だったと思われる建物 中村町字茶ノ木 日吉町 11大門通り 則武2丁目 12椿神社 大門町 13スーパーの屋上から 14妓楼の建物 15電柱番号札 椿町 16駅前の大衆食堂跡 名駅南3丁目 0.0058489999999978
nagoyasinakamuraku

駅西

中村

名駅

中村(名古屋花壇跡)昭和初期の総合レジャーランド。

昭和初期、太閤通りの南側の現在のNTT西日本中村ビルと中村郵便局がある場所に、総合レジャーランドの「名古屋花壇」がありました。*1

名古屋花壇(中村温泉パラダイス)は、昭和3年(1928年)に開設された遊園地で、舞台付き大食堂、遊技施設などの大規模建物と、屋外の遊園地、花壇などが設置されていました。*2

昭和4年(1929年)の世界大恐慌の影響で廃園に追い込まれました。*2

跡地は昭和12年(1937年)に中村区の仮庁舎になり、現在は中村郵便局 になっています。*2

参考文献

*1 横地清 中村区歴史余話 中日出版社 1992
P.111 昭和初期の中村区に吉田高郎が興した総合レジャーランドの「名古屋花壇」 当時のパンフレット
*2 名古屋観光コンベンションビューロー やっとかめ文化祭 歴史まち歩き 13 中村・大門 やっとかめ文化祭実行委員会 名も無き人らの中村観音に遊郭跡、 歴史の光と影を今に伝えるディープなまち 2015.2 リンク
旧名古屋花壇(中村温泉パラダイス)址。昭和3年(1928年)に開設された遊園地。当時の資…

中村(「福春」跡)建物の左側は洋風の店舗に改装。

旧中村遊廓。現在のピアゴ中村店の西側の一画に当時の妓楼と思われる建物が残っています。*1*2

建物の左側は改築されて洋風の店舗になっています。

「福春」の屋号。

「TSURUNOYA」と書かれています。*1

参考文献

*1 *歓楽の名古屋 趣味春秋社 1937
中村旭廓内明細図
P.42 「中村旭廓内明細図」に妓楼の屋号が記載。現在のピアゴ中村店の西側の一画に、鶴の家、…
*2 近藤正一 日本建築学会計画系論文集 通号488 P.203-P.210 日本建築学会 中村遊廓における建築計画の類型 1996.10
4.中村遊廓の一般的妓楼
P.206 中村遊廓において、当時の構造を残していると判断される建物は40件。 P.205 図6 中村…

中村(電柱番号札)旧遊廓の南東から北東にかけて「遊廓北分」。

中村遊廓の特徴である四隅の廓の中心に向かう斜めの道。*1
現在は風俗店(旧「三角荘」)があります。

四隅のうちの南東部分にあたるこの場所の電柱番号札には、「遊廓北分1」と書かれています。

「遊廓北分1」の電柱番号札を起点に、旧遊廓の南東から北東にかけて、「遊廓北分2」「遊廓北分3」…..と続き、最後は「遊廓北分8」で終わっています。

ちょうど、四隅の北東部分にあたる場所です。写真の空地の部分は、「ホテル太閤」がありました。

参考文献

*1 近藤正一 日本建築学会計画系論文集 通号488 P.203-P.210 日本建築学会 中村遊廓における建築計画の類型 1996.10
3.中村遊廓の都市計画
P.205 廓の構造は、島原や吉原などと同様、縦1本、横3本の大通りを持った三筋構造を基本とし、さらにそ…

中村(妓楼の建物)北側は看板建築のような造作。

かつての中村遊廓があった大門町。妓楼と思われる重厚な建物が残っています。*1
現在は風俗店として使われているためか、北側は看板建築のような造作となっています。

現存している遊廓時代の建物のうちの一つです。*1

裏入口はこちらです。

風俗店の看板。

参考文献

*1 近藤正一 日本建築学会計画系論文集 通号488 P.203-P.210 日本建築学会 中村遊廓における建築計画の類型 1996.10
4.中村遊廓の一般的妓楼
P.206 中村遊廓において、当時の構造を残していると判断される建物は40件。 P.205 図6 中村…

中村(中村映劇)敬老優待割引。成人映画館。

中村遊廓の南東に、成人映画館の「中村映劇」があります。

敬老優待割引、あります。

レトロなネオン看板。

「汚物、生理用品など捨てる方」注意看板。

中村(お食事処「善ちゃん」)60年以上赤ちょうちんを守ってきた居酒屋。

旧中村遊廓の南側の一画。名古屋市中村区賑町。

60年以上も赤ちょうちんを守ってきた居酒屋「善ちゃん」。お世辞にもきれいな店とは言えません。*1

入口脇には、錆びた飲食店の看板。

お食事処「善ちゃん」の提灯。

参考文献

*1 毎日新聞社 「善ちゃん」店主死去 森繁久弥、ミヤコ蝶々らに愛され 毎日新聞 中部夕刊 2017.6.5 リンク
旧中村遊郭の一角の名古屋市中村区大門で60年以上も赤ちょうちんを守ってきた居酒屋「善ちゃん」の主人…

中村(大門小路)コの字型の呑み屋街。大門横丁の一本北側の通り。

大門横丁※1 の一本北側の通り。呑み屋街の入口を示す「大門小路」の大看板。

コの字型に呑み屋街が続いています。

反対側の入口にも「大門小路」の大看板。

西側にも入口があります。

中村(大門横丁)レトロ感漂うアーケード

今回は、中村(愛知県中村区)の町並みを散歩します。旧中村遊廓の南側。昭和の哀愁の残る大門横丁が今も健在です。

レトロ感漂うアーケード。

反対側から。緩やかにカーブしています。

近くには、高層マンション。

名駅(堀川沿いのホテル街)天王崎橋近く。

天王崎橋から、堀川沿いの西側の通りへ入るとラブホテルが密集する一画があります。

ピンク色の外壁。

夜の様子。

ライトアップされて華やかです。

名駅(堀川の自然を守るガチョウ)天王崎橋付近。

今回は、名駅(愛知県名古屋市中村区)の町並みと風俗を散歩します。
名古屋市街を南方向へ流れる堀川は、生活排水が流れ込み、水質汚染が進んでいます。

天王崎橋のたもと。ラブホテル(ピンク色の建物)脇の敷地に、ガチョウが暮らしています。

ガチョウが暮らす小屋の上にはラブホテルの看板。小屋の脇には、水質浄化を訴える看板が設置されています。

同じ看板は、川沿いのフェンスにも掲げられています。「ガチョウも一生懸命この堀川で生きて行こうとしています。堀川の自然を守り続けているガチョウ達のためにも私達が立ち上がらなければならないのです。」

駅西(椿神社)古くから椿の森として親しまれてきました。

駅西のビックカメラの脇の通りを行くと、「椿神社前」の交差点があります。この交差点をまっすぐ行くと「駅西銀座」です。

交差点の角には、「椿神社」があります。

駅裏が都市計画の俎上(そじょう)に上がったのは、昭和34年のことでした。もはや駅裏ではなく、新しい駅西が出現しました。*1

駅西のカナメとなって鎮座する椿神明社は、古くから椿の森として親しまれてきましたが、椿の群生は今はありません。境内のわずかな椿の花が、駅西のさまざまな幻想を盛り上げてくれます。*1

【参考文献】
*1 大野一英:名古屋ケチケチ繁盛記(講談社,1977)P.268-P.271

駅西(駅前の大衆食堂跡)かつての駅西のエネルギーを感じます。

今回は、駅西(愛知県名古屋市中村区)の町並みと風俗を散歩します。
「駅西」は、名古屋駅西口を中心に半径900メートルの半円に抱かれる椿町などを指し、終戦直後は駅裏のヤミ市地区として名を響かせていました。*1
名古屋駅の西側のビルに囲まれて、古い建物が残されている一画があります。(写真右下)

駅へ向かう横断歩道を渡ったところにある理容室の建物。

大衆食堂の看板だけが残っています。

めし、みそ汁、おかず...。かつての駅西のエネルギーを感じさせます。

【参考文献】
*1 大野一英:名古屋ケチケチ繁盛記(講談社,1977)P.268

中村(寿湯)中将姫の看板があります。

中村には、銭湯が沢山有ります。そのうちの一つの寿湯。

横に回ってみると、立派な煙突を見ることができます。

入口は、アーチ型のモダンなデザインになっています。

津村順天堂の「中将湯温泉」の広告看板。

中村(スーパーの屋上から)瓦屋根の建物です。

旧中村遊廓の中心部。大門近くにスパーのユニーがありますが、ユニーの向かい側(写真右側)にはソープランドが並んでいます。

ユニーの屋上の駐車場から見た南側の風景。写真左手前から、ソープランドの「インペリアル福岡」、ビジネス旅館の「牛わか」、洋風の建物、ソープランドの「ファースト」、「ニュー令女」と並んでいます。改装前は、瓦屋根の日本建築だったことがわかります。

ユニーの裏手(北側)にある「およし」の屋号を持つ建物。瓦屋根の建物は、中央部に中庭がある構造になっています。

北側の風景。写真右手前に旧屋号「およし」の建物。遠くに、デイサービスセンター松岡、料亭の稲本等、旧遊郭の建物が見渡せます。

中村(昔遊廓だったと思われる建物)緑のタイルが鮮やかです。

大門の近く(スーパーのユニーの裏手)にある以前遊郭だったと思われる建物。現在は、民家になっているようです。

建物の右側の側面はトタン板のようなもので補強されています。

玄関のところに、「およし」という屋号が確認できます。

建物の下部の緑色のタイルの装飾が鮮やかです。ラーメンのどんぶりの渦巻き模様に似たデザインがあります。

中村(大門通り)旭廓が一斉移転してできた中村遊廓。

今回は中村(愛知県名古屋市)の町並みと風俗を散歩します。
中村日赤駅から徒歩10ほどのところにある大門通り。この一角には、かつて中村遊廓がありました。中村遊郭は、それまで大須観音近くにあった旭廓が一斉移転して造られた花街で、大正12年(1923年)に一挙にできあがりました。*1

金属でできた「OMON」と書かれた新しいタイプのゲートもあります。近くには、昔、遊郭であったと思われる古い建物(「長寿庵」)があります。

町の中心部にスーパーマーケットのユニーがあり、全体的には普通の町と変わりません。しかし、よく見ると、ユニーの前にソープランドがあったりと一味違った雰囲気を感じさせます。

歩道にあった装飾。大門の絵が描かれています。

【参考文献】
*1 若山滋:遊蕩の空間(INAX出版,1993)P.13