全国 > 神奈川県 > 川崎市川崎区 川崎川崎南町川崎大師 大師駅前2丁目 1料亭「恵の本」 2子宝飴 3ピンクの男根 4境内でのグッズ販売 5かなまら祭の行列 6寿恵弘湯 7かなまら祭 8かなまら祭での撮影風景 9かなまら祭 10エリザベス神輿 11金山神社のかなまら祭

川崎大師(エリザベス神輿)ピンクの男根

いよいよ祭りのメインイベントである神輿の渡御(とぎょ)の時間が来ました。まず、黒光りする男根神輿の「舟神輿」です。
「舟神輿」は、江戸時代、みかんの商いで巨万の富を得た紀伊国屋文左衛門に因み、日立造船(株)神奈川工場の有志により奉納されました。*1

圧巻は、このエリザベス神輿。浅草橋にある女装クラブ「エリザベス会館」が寄贈した神輿で、神輿の担ぎ手は、エリザベス会館の会員である女装した男性です。*2

3つの神輿(舟神輿、かなまら神輿、エリザベス神輿)が町をねり歩きます。

「でっかいまら、かなまら!でっかいまら、かなまら!」と女装した男性たちの掛け声と共に、神輿は進みます。
担がれている神輿は、上下に揺れるので、ピンクの男根が空に向かってピストン運動しているように見えます。

【参考文献】
*1 金山神社:かなまら祭配布資料(2007)
*2 杉岡幸徳:日本トンデモ祭(美術出版社,2005)P.28-P.29

コメントよろしくお願いします。