倉賀野(倉賀野神社)飯盛女が寄進した玉垣が残されています。

旧道から脇道を一本入ったところに倉賀野神社があります。

倉賀野宿の飯盛女は、寛保2年(1742年)に1軒2人づつを旅籠屋に置くことが許可されたのがはじまりで、明治中頃までその営業を続けました。*1
飯盛女が寄進した冠稲荷神社(三光寺稲荷)の石の玉垣に屋号と女の名が刻まれています。現在その玉垣は倉賀野神社の入り口に移されています。*1

「升屋内はな、やす、ふじ」、「金沢屋内里津、ひろ、きん」、「新屋奈美、玉屋内ふじ」などと刻まれた玉垣がそのまま残っています。*1

本社前の常夜灯は、文久3年(1863年)三国屋つねが寄進したものです。*2

【参考文献】
*1 高崎のサービス業と花街P.51-P.52,P.61
*2 倉賀野神社入口にある案内板

カテゴリ

信仰・寄進 倉賀野

この記事を参照している用語集

倉賀野

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。