三本木(三本木町遊廓跡地)新地通り

今回は、三本木(青森県十和田市)の町並みを散歩します。
「全国遊廓案内」1 によると、三本木町遊廓は、三本木町新地(しんち)に、貸座敷が3軒ありました。昭和29年の地形図2 を見ると、西一番町の理念寺(写真右側)の西側に「新地」の記載があり、昭和9年の警察関連の資料3 には、三本木町の貸座敷として、金助屋、島田楼、近盛楼の3軒が記載されています。

この付近には、「新地通」と書かれた電柱番号札が広範囲に分布しています。

当時、「新地通り」という通り名が、現在の西十一番町に存在し、そこには島田楼がありました。
4

西十一番町付近。

《参考文献》
*1 日本遊覧社: *全国遊廓案内(日本遊覧社,1930)
*2 地理調査所: 三本木 応急修正版 (五万分一地形圖 ; 八戸 13號)(地理調査所,1954)

理念寺の西側、北園小学校の東側に、「新地」の記載。

*3 中村元吉: *警察史余話第一集売春三百年史(中村元吉,1959)
*4 日刊東北社: 写真集「なつかしの三本木」 のしおり(日刊東北社,1977)

P.10
◎料亭一心亭 今は裏手にあるが当時本通り現東映付近にあった一心亭。
◎島田楼 元新地通り現西十一番町にあった。

コメントよろしくお願いします。