福生(福生アメリカンハウス)当時を再現

牛浜駅の東側にある「福生アメリカンハウス」は、1958年に建てられたアメリカンハウスを使ったコミュニティスペースです。*1

内装も50年代当時の雰囲気が再現されています。*1

当時の珍しい写真も展示されています。

外人バー街には、空地があり、そこにはいつもアメリカ人の車が駐車していた。(解説文より)

民家 福生
■参考文献
*1福生市観光案内所: 福生アメリカンハウスのご案内 (福生市観光案内所,) ···外部リンク···

1958年に建てられ、当時のオリジナルに近い型で残されている珍しい米軍ハウスを利用したコミュニティースペース「 …

“福生(福生アメリカンハウス)当時を再現” への2件の返信

  1. スローなブギにしてくれを思い出しました。確か、福生市以外に、横須賀の日ノ出町辺りもロケ地になっていたかと思います。もう、20年位前になるでしょうか。一度だけ福生駅を利用した時、タイルを使った駅の看板とか、とにかくレトロな駅舎だったので、この状態をずっと保存して欲しいなと思いましたが、変わってしまったでしょうね。

    1. 定マニアさん
      現在の福生駅は、近代的な駅舎に建て替わっているようです。タイルを使った駅の看板、見てみたかったです。
      福生は、映画のロケ地や小説の舞台に使われているようです。基地周辺の町は興味深いです。

コメントよろしくお願いします。