全国 東京都 > 台東区 浅草 1ひさご通りの看板 2ひさご通りのかつら屋さん 3アリゾナキッチン 4サンバカーニバル 5猿之助横町のスナック街 6フランス座 7猿之助横町の路地 8ビジネスホテル 9ラブホテル 10ロック座 11三定 12浅草三業会館 13仲見世 14凌雲閣 15初音小路 16古物商店 17ホテル「幸和」 18外国人用ゲストハウス 19大人のオモチャ屋 20尾張屋本店 21料亭都鳥 22料理店「一直」 23旅館 24一富士旅館 25旧紙漉町 26曙湯 27正直ビアホール跡 28「浅草ニュートルコ」跡地 29浅草世界館 30浅草地下街 31浅草寺の公衆トイレ 32浅草観音温泉 33浅草観音温泉 34焼肉店の路地 35かつての私娼街 36芸妓屋街 37猿若町 38神谷バー 39花やしき 40蛇骨湯 41西浅草のラブホテル街 42通称うんこビル 43韓国エステビル 44食堂「筑波」 45どぜう「飯田屋」 46 47 48 49十二階
すべてのジャンル > 娯楽・レジャー > 行楽・観光 浅草公園 50フランス座 51ロック座 52仲見世 53凌雲閣 54初音小路 55古物商店 56浅草世界館 57浅草寺の公衆トイレ 58浅草観音温泉 59浅草観音温泉 60花やしき 61 62 63 64十二階

浅草(仲見世)水茶屋は、江戸時代の流行の発信基地でした。

今回は、浅草(東京都台東区)の町並みと風俗を散歩します。
江戸時代、明暦の大火により元吉原の遊廓が現在浅草寺の後方に移されたことによって、浅草寺界隈は人手で賑わうこととなりました。

仲見世の風景。

さまざまな店が並び、賑わいを見せています。

仁王門近くに、江戸時代に水茶屋が建ち並び賑わっていたことを示す案内板があります。
表参道が吉原通いの主要通路であったことが、境内の繁栄につながり、参道に沿って水茶店が出現し、水茶屋女が評判となるようになりました。
当時の水茶屋女の容姿の代表的なものとして、衣装には贅を尽くし、特に前掛けに工夫をこらし、江戸の流行の原動力となりました。

【参考文献】
*1 上坂倉次:あさくさ仲見世史話 門前町繁昌記(浅草観光連盟,1985)P.27-P.38

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です