多度津(遊廓跡)西浜

明治三十七、八年頃の内湛浦と附近の略図*1 には、稲荷神社下の通り※1 から西浜の港に面した通りに「廓街」の記載があり、「廓街」はL字型に伸びていたと思われます。
西浜の遊廓街の入り口のあたりには、大島楼、岡本楼、朝日楼がありました。※2

旧開化楼と思われる建物。※2

すぐ後ろには、崖が迫っています。

当時の風格を残しています。

ジャンル・市区町村

遊廓·遊里 多度津

この記事を参照している用語

多度津

参考文献

*1 多度津町文化財保護協会会報第20号: 多度津町文化財保護協会会報第20号 (多度津町文化財保護協会会報第20号,1977)「明治37年5月28日丸亀連隊の御用船へ乗船時の多度津港略図」
P.12 明治三十七、八年頃の記憶に基づく内湛浦と附近の略図 ・正一位稲荷大明神の下(妙應寺…

参考記事

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。