北千住(芸者新道)見番跡地

千住宿の史跡、市郎兵衛本陣跡近く。

本陣跡の近くに、千住見番がありました。
見番の玄関には「千住芸妓組合千住支部」「全国芸妓組合千住支部」といった看板が掲げられていました。*1

明治時代、千住芸妓組合が成立し、その事務所(見番)がこの地に置かれ、花街が千住柳町に移転した大正8年以降も昭和18まで営業していました。この通りを見番横丁といっていました(説明文)。

見番があったあたり。

カテゴリ

花街·花街跡 千住

この記事を参照している用語

北千住

参考文献

*1 佐々木勝: 日光街道千住宿民俗誌 (名著出版,1985) 宿場町の近代生活
P.210 見番横丁 見番は、佃屋という屋号で、石坂家が昭和18年まで代々やっていた。玄関には「千住芸妓…

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。