大塚(大塚三業通り)かつて花街だったところ

大塚駅南口前にあるバッティングセンター。

バッティングセンター脇に、「大塚三業通り」の入口を示す看板が取り付けられています。
大塚駅周辺では、日露戦争頃より高まった大塚駅周辺では、日露戦争頃の都市開発により、三業地要望の声が高まり、大正11(1922)年、巣鴨町字平松(現在の南大塚一丁目付近)の地(山の手線大塚駅前南口を出て線路沿い)に指定挙以下を受けて、大塚三業地がつくられることになりました。*1
現在も花街だった頃の名残の料亭が散在しています。

老舗料亭の「大豊」。現在も営業中です。


■カテゴリ 花街·花街跡 大塚 大塚花街
■散歩事典 大塚 巣鴨
■参考文献
*1豊島区史編纂委員会: *豊島区史 通史編 2 (豊島区史編纂委員会,1983)

P.801 日露戦争頃より東京市隣接町村の都市開発は高まり、田畑は姿を消し、代わりに大塚周辺は宅地造成と勤め人 …


■この記事を参照している記事

コメントよろしくお願いします。