-全国 東京都 > 台東区 上野 1アメ横 2アメ横センター地下食品街 3アメ横のおとなのおもちゃ屋さん 4オオクラ劇場 5オオクラ劇場 6カレー専門店「クラウン」 7キムチ横丁 8キムチ横丁のトイレ 9キムチ横丁の通路 10ゲイバー街 11パチンコ関連企業 12ビデオボックス 13ビル街のラブホテル 14ラブドールのショールーム 15レンタルルーム 16三軒長屋の商店の看板建築 17不忍池 18五條天神社の奉納額 19佐竹商店街の看板建築 20前田モスリン店 21吉原の妓楼「三浦屋」の再現展示 22吉田屋モスリン店 23大人のコンビニ店 24大正期の下町の町並みを再現展示 25寿湯 26燕湯 27犬糞看板 28玩具問屋「上野屋」 29男ビデオ店 30純喫茶「古城」 31老舗洋食店「とうかい」 32聖天島のひげ地蔵 33芳賀書房
すべてのジャンル > 遊興 > 趣味 性具・雑誌

上野(ラブドールのショールーム)南極越冬隊でも使用されました。

御徒町駅近くの昭和通り沿いに、オリエント工業(有限会社ツチヤ商会)のショールームがあります。オリエント工業は、ラブドール(ダッチワイフ)のトップブランドです。
ダッチワイフが注目されるようになったのは、1956年の日本初の南極観測隊が越冬の間の性欲処理方法として、ダッチワイフが使用されたことでした。このミス南極(隊員たちの間では「弁天さん」と呼ばれていました。)はイグルー(氷で作った簡易住居)の中に置かれましたが、使用した隊員は一人もいなかったそうです。*1*2*3

ショールームの入口。

カタログは有償(300円)です。
南極観測隊以降、ダッチワイフの研究は急速に進みました。*3
1979年、上野に創業したオリエント工業は、第一号製品の「微笑」から2007年の発売の「キャンディーガールジュエルディーバ」まで豊富なラインナップを持っています。

ラブドールのカタログには、素材の見本が添付されていますので、実際の感触を確かめることができます。
「ソフトビニール」製と「シリコン」製の2種類があります。シリコン製は、リアルな質感が得られる反面、価格が高い、破損しやすい、などの難点があります。

【参考文献】
*1 高月靖:南極1号伝説(バジリコ,2008)p.26-P.29
*2 日本風俗史新聞編纂委員会:日本風俗史新聞(日本文芸社,1999)p.175
*3 下川耿史:男性の見た昭和性相史 part2(第三書館,1993)P.208-P.209

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です