-全国 東京都 > 台東区 吉原 1せんわ通り 2吉原今昔図 3愛護地蔵尊 4花吉原名残碑 5金美館通り 6「土手」の屋号 7あしたのジョー像 8おはぐろどぶ跡 9おはぐろどぶ跡 10おはぐろとぶ跡 11カツ専門店「日の出」 12ソープ街の中のアパート 13トルコ風呂跡地 14マスミ 15一葉桜まつり 16一葉泉 17万治高尾の墓 18京町二丁目と角町の間の通り 19伏見通り 20吉原の飲食店 21吉原弁財天 22吉原弁財天 23吉原弁財天 24吉原弁財天の弁天池 25吉原神社 26土手の伊勢屋 27土手通り 28坂井旅館 29大文字楼跡地 30大門 31大鷲神社の酉の市 32太田ハム 33小便禁止看板 34廿世紀浴場 35旅館 36旅館「白菊」跡 37旧「金よし」 38桜鍋料理の専門店「中江」 39浄閑寺の永井荷風の詩碑 40浅草ホテル跡 41簡易宿泊所 42観音様 43貼紙が多数貼られた路地 44赤線跡 45赤線跡 46鶴の湯 47鷲神社の裏手の通り
すべてのジャンル > 遊興 > 遊廓・赤線 風俗店

吉原(トルコ風呂跡地)昭和33年、吉原第一号。

吉原の京町一丁目。

 明治時代の錦絵には、吉原のシンボルのように大きな時計台のある欧風の「角海老楼」の建物が描かれていますが、戦後の店も凝った高塀を巡らせた立派な建物でした。角海老は、老舗の風格のあった大籬(おおまがき)=大見世で、明治時代から昭和33年の売春防止法施行までの間、京町一丁目の同じ場所(現在の台東区千束4-29)にありました。売春防止法施行後は、サッポロビールの倉庫となり、現在はマンションに建て替わっています。*1*2

 昭和27年、「ロビン」は「一晩1万円」で名を売ったデラックス・キャバレーの「ロビン」がオープンしました。「ロビン」は、「角海老」、「大華」などの大見世とは異なる意匠のキンキラキンの戦後派の大店でした。1階がダンスフロアで、千属バンドの演奏にのって100人以上の客とダンサーが踊れる広さで、2階がいわゆる”遊興の部屋”になっていました。*1

 昭和33年、吉原にトルコ風呂第一号の「東山」がそして第二号の「山陽」がオープンしました。トルコ風呂の元祖とされる銀座の「東京温泉」は、健全なお風呂でしたが、「東山」や「山陽」では、「オスペ」と呼ばれる特殊マッサージが定着しました。「東山」があった場所は、現在もソープランドが営業中です。*3

【参考文献】
*1 吉村平吉:吉原酔狂ぐらし(筑摩書房,2003)P.17-P.18,P.99-P.100
*2 荒井一鬼:吉原今昔図(葭之葉会,2003)
*3 広岡敬一:戦後性風俗大系(朝日出版社,2000)P.83-P.84,P.146,P.158,P.210

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です