-全国 > 東京都 > 台東区 浅草吉原 1金美館通り 2せんわ通り 3花吉原名残碑 4愛護地蔵尊 5吉原今昔図 6ソープ街の中のアパート 7マスミ 8坂井旅館 9赤線跡 10一葉泉 11廿世紀浴場 12吉原の飲食店 13旧「金よし」 14京町二丁目と角町の間の通り 15一葉桜まつり 16鷲神社の裏手の通り 17吉原弁財天 18吉原弁財天の弁天池 19観音様 20旅館 21伏見通り 22吉原弁財天 23大鷲神社の酉の市 24大門 25吉原神社 26簡易宿泊所 27貼紙が多数貼られた路地 28赤線跡 29大文字楼跡地 30桜鍋料理の専門店「中江」 31浄閑寺の永井荷風の詩碑 32土手通り 33トルコ風呂跡地 34おはぐろとぶ跡 35鶴の湯 36吉原弁財天 37おはぐろどぶ跡 38旅館「白菊」跡 39「土手」の屋号 40土手の伊勢屋 41太田ハム 42カツ専門店「日の出」 43おはぐろどぶ跡 44浅草ホテル跡 45あしたのジョー像 46小便禁止看板 47万治高尾の墓
すべてのジャンル > 生活 > 商店・サービス 宿泊所

吉原(簡易宿泊所)古い旅館風の建物が建ち並んでいます。

今回は、山谷~吉原の町並みと風俗を散歩します。
山谷は、吉原の地続きのドヤ街(日雇い労働者が集まっている地域)です。
山谷の前史は、明暦3年(1657年)にさかのぼります。吉原遊廓移転の際、新吉原遊廓の建築が出来上がるまでの2ヶ月間、山谷地域での仮宅営業が認められ、その後も、新吉原遊廓の大火の際(計13回)、仮宅営業が認められました。少ない設備投資で大きな利潤を稼げる仮宅営業は、遊廓業者にも歓迎されました。このような山谷の売春街としての歴史的風土性は、戦後の木賃宿にも引き継がれ、女衒宿が大きな利益をあげていました。*1

現在の山谷は、すっかり変貌し、町全体が建設・港湾・運輸の大企業に供給される日雇い労働者の巨大な共同飯場になっています。*1

吉原に近い日本堤には、簡易宿泊所が密集しているエリアがあります。

古い旅館風の建物が建ち並んでいます。

【参考文献】
*1 神崎清:山谷ドヤ街(時事通信社,197)ⅰ,P.148,P.171

コメントよろしくお願いします。