全国 > 東京都 > 文京区 音羽白山湯島根津 西片一丁目 1一葉旧居跡
すべてのジャンル > 娯楽・レジャー > 芸能・芸術 文学

白山(一葉旧居跡)崖下にあった一葉の住まい。

今回は、白山(東京都文京区)の町並みと風俗を散歩します。
都営三田線春日駅の小石川方面口からでると白山通りがほぼ南北に走っています。しばらく北上すると右側に興陽社ビル(1階は紳士服コナカが出店)があります。

ビル前の右手に「一葉 樋口夏子碑」がたっています。 一葉の終いの住まいの跡は、この碑の後方で、ビルの敷地の奥にあたります。*1

碑の下には、「一葉のパンフレット、ご希望の方ご自由にお取りください。」と書かれた立て札があります。箱の中をあけてみると、興陽社が作成したパンフレットがあります。

同じ並びのハイツ西片の車の通路から裏の駐車場へ入ると、西片の台地がせまっていて、一葉の住まいが崖下にあったことがわかります。

【参考文献】
*1 槐一男:一葉の面影を歩く(大月書店,1995)P.84-P.88

コメントよろしくお願いします。