-全国 熊本県 > 牛深 1ハイヤ節の碑 2マキューン橋 3三浦屋跡 4世浦地区のせどわ 5古久玉の小路 6堀田牛乳の牛乳箱 7旅館「宝洋館」 8紅裙亭跡

牛深(マキューン橋)マキュンが寄付した橋

牛深の久玉町内ノ原(バス停「うしぶか温泉前」のすぐ近く)に、「マキュン橋」という名前の橋があります。上海公安局警視総監をしていたイギリス人、ケネス・ジョン・マキュンは、現地で結婚した夫人の小田ミキさんの故郷に昭和2年(1927年)以来住んでいました。マキュン橋は、そのマキュンが寄付した橋です。*1

小田ミキさんは、決して妾でも「からゆきさん」でもなく、上海への出稼ぎ人で、たまたま外国人と結婚して故郷へ帰ってきました。*1

カタカナで「マキューン橋」と書かれています。

ひらがなでは、「まきゅうんはし」。

こうした奉公は、商品経済の浸透した天草地方によくある出稼ぎの展開の一部でした。
【参考文献】
*1 森栗茂一:夜這いと近代買春(明石書店,1995)P.90-P.91

「牛深(マキューン橋)マキュンが寄付した橋」への2件の返信

からゆきさん=売春婦ではなく天草からの中国、東南アジアへの出稼ぎと考えれば文字通り『からゆきさん』だと思います。
今、マキュン橋の袂でコメントしています。子供の頃牛深炭鉱に勤めていたマキュンさんの子供のボギーさんが野球の試合に出ていたのを記憶しています。

佐々木さん
ご指摘ありがとうございます。不明瞭な記述でしたので、文面を削除させて頂きました。
マキュンさんの子供さんをご存じなのですね。深いお話、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です