-全国 島根県 > 松江 1和多見遊廓跡 2寿司屋の小路 3伊勢宮新天地 4旧米江旅館 5伊勢宮町 6東本町 7光徳寺 8黄色の白ポスト 9旧松江旅館 10旧松江旅館 11スナックビル「夢の館」 12黄色の白ポスト 13お米の自販機

松江(光徳寺)お加代の墓

松枝市内の石橋町に光徳寺があります。

光徳寺には、天神裏歓楽街に姐御(あねご)として君臨した「お加代」の墓があります。天神裏とは、現在の天神町(松江駅の西側)にあった歓楽街で、明治維新の混乱に乗じて発展しました。*1

明治元(1868)年1月、山陰道鎮撫総督に任命された西園寺公望は、新政府に対する各藩の意思を確認するため、官軍を率いて山陰道を下向しました。宿泊地ではありとあらゆる接待が行われましたが、酌婦だったお加代は、体を張って傍若無人に振る舞う一行をなだめました。

「侠女おかよの墓」と記された墓は、地蔵尊として祀られています。*1

【参考文献】
*1 荒木英信:新編松江八百八町町内物語(ハーベスト出版,2012)P.182-P.183

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です