全国 東京都 > 台東区 吉原 1あしたのジョー像 2せんわ通り 3カツ専門店「日の出」 4浅草ホテル跡 5万治高尾の墓 6吉原今昔図 7花吉原名残碑 8太田ハム 9小便禁止看板 10愛護地蔵尊 11金美館通り 12「土手」の屋号 13おはぐろとぶ跡 14おはぐろどぶ跡 15おはぐろどぶ跡 16ソープ街の中のアパート 17トルコ風呂跡地 18一葉桜まつり 19一葉泉 20桜鍋料理の専門店「中江」 21京町二丁目と角町の間の通り 22マスミ 23伏見通り 24吉原の飲食店 25大文字楼跡地 26吉原弁財天の弁天池 27吉原弁財天 28吉原弁財天 29吉原弁財天 30吉原神社 31土手の伊勢屋 32土手通り 33坂井旅館 34大門 35廿世紀浴場 36旅館「白菊」跡 37旅館 38浄閑寺の永井荷風の詩碑 39簡易宿泊所 40観音様 41貼紙が多数貼られた路地 42赤線跡 43赤線跡 44大鷲神社の酉の市 45鶴の湯 46鷲神社の裏手の通り 47旧「金よし」
すべてのジャンル > 歴史・社会・都市 > 歴史 地誌

入谷~吉原(花吉原名残碑)吉原弁財天。庄司甚右衛門の碑。

途中、吉原弁財天へ立ち寄りました。ここには数多くの見所があります。

「花吉原名残碑(はなのよしわらなごりのひ)」は、吉原が、江戸唯一の幕府公認の遊郭であり、昭和33年の売春防止法が施行されるまで続いていたことを名残惜しむ碑です。

花吉原名残碑の隣には、幕府の許可を得て元吉原を開業した庄司甚右衛門の碑があります。

案内板があるので、これを読むと吉原の歴史を知ることができます。

----花吉原名残碑(はなのよしわらなごりのひ)----
吉原は、江戸における唯一の公許の遊廓で、元和三年(1617年)、葺屋町東隣(ふきやちょうひがしどなり、現中央区日本橋人形町付近)に開設した。吉原の名称は、植物の葭(よし)の生い茂る湿地を埋め立てて町を造成したことにより、はじめ葭原と称したのを、のちに縁起の良いう文字に改めたことによるという。
明暦三年(1657年)の大火を契機に、幕府による吉原遊廓の郊外移転が実行され、同年8月、浅草千束村(現台東区千束)に移転した。これを「新吉原」と呼び、移転前の遊廓を「元吉原」という。
新吉原は、江戸で有数の遊興地として繁栄を極め、華麗な江戸文化の一翼をにない、幾多の歴史を刻んだが、昭和三十三年「買春防止法」の成立によって廃止された。
(後略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です