篠山(大正楼跡)阿部定が在籍していた妓楼

篠山の京口新地には、当時の妓楼と思われる建物が残っています。

阿部定事件の阿部定が在籍していた妓楼「大正楼」と思われる建物。*1*2
昭和2年、阿部定は自らの意志で芸妓から娼妓へ身を落とし、大坂の飛田遊廓へ流れ着きましたが、前借金が多くプライドの高い阿部定は店をいつくも鞍替えし、昭和5年に丹波篠山の大正楼へ移されました。*3*4
交差する道路に当たる一画をスパッと切り落として玄関にし、その道から来る客もキャッチしようという遊廓特有のつくりと考えられます。*5

玄関の家紋。

瓢箪の装飾が施されています。

【参考文献】
*1 木村聡:赤線奇譚(ミリオン出版,2010)P.59
*2 木村聡:実話ナックルズ(ミリオン出版,2010.7)P.64-P.65
*3 堀ノ内雅一:阿部定正伝(情報センター出版局,1998)P.71-P.75
*4 粟津潔,井伊多郎,穂坂久仁雄:阿部定(田畑書店,1976)P.243
*5 丸山友岐子:はじめての愛(かのう書房,1987)P.74

カテゴリ

遊廓·遊里 篠山

この記事を参照している用語集

篠山

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. ついにこちらも取り壊しだそうで。地元紙に記事が出ていたそうです。仕事が休めれば行ったのに・・・悔しい。木村聡さんの写真と実話系雑誌(だいたい想像つくと思いますが)と某テレビ番組で取り上げられたVTRは、みうらじゅんさん風に言うと「死ぬまで捨てるもんか」

  2. 定マニアさん、有名な建物だっただけに、残念ですね。古い建物が消えていくのは仕方のないことなのだと思います。

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。